瞑想の学校

瞑想の学校

瞑想入門

45個以上もある!瞑想の効果とメリットを徹底解説!

45個以上もある!瞑想の効果とメリットを徹底解説!

近頃、様々なアーティストや著名人が実践するものとして「瞑想」がとても注目されています。瞑想というと、一部では怪しいイメージを持つ人もいますが、実は「ハーバード大学医学大学院」をはじめ、世界中の大学や研究機関で研究が進んでいて、その効果は数多くの実験によって科学的に証明されつつあります。

特に、トップアスリートがパフォーマンスアップに活用したり、病気の治療やビジネスマンのパフォーマンスアップに企業にも導入されたりと、その効果が社会的に認められてきています。瞑想の実践者や導入事例はこちらからご覧下さい。)

瞑想の圧倒的効果と数えきれないメリット

瞑想には様々な効果があります。

集中力の向上、記憶力の向上、アンチエイジング効果、治癒促進効果、ストレス解消効果、業務能力の向上、幸福感の増大、人間関係の良好化、創造性の向上、学力の向上、睡眠時間の短縮など、その効果は数え切れません。

例えば、瞑想を習慣的に行なった子ども達は、行わなかった子ども達に比べて明確に成績が向上したり、16の主要な疾患において明らかに病気の発症率が下がったりといった結果が出ています。

その他にも、何年にもわたって瞑想を継続している人は実年齢から生物学的な年齢が12歳も若いというデータが報告されています。

さらには、他者に対する思いやりの拡大、他者に対する攻撃性の低下、人生に対する充実感の向上など、人間性や道徳観念に対する効果も非常に有効であることが実証されています。

瞑想の主な効果には以下のようなものが挙げられます。

健康面

アンチエイジング効果、免疫力の向上、治癒能力の向上、血糖値の安定、血圧の低下、コレステロールの低下、病気発生率の低下(心疾患、消化器系疾患、鼻・喉・肺の疾患、生殖器系・泌尿器系疾患など16の主要な疾患)、心理的ストレスの解消、疲労解消効果、深い休息効果、睡眠時間の短縮、不眠症の改善、寿命の延長、喫煙の抑制、飲酒の抑制

人間関係面

思いやりの増大、道徳性の向上、自信(自己重要感)の確立、自己受容の拡大、攻撃性の低下、不安の減少、人間関係の改善、平常心の維持、至福の経験、緊張の緩和・リラックス効果、他者に対する理解力・共感性の向上

学業・仕事面

集中力の向上、記憶力の向上、知能指数の向上、学業成績の向上、業務遂行能力の向上、視野の拡大、自己実現の増大、創造性の増大、思考の秩序性の増大、知覚の発達、運動神経の発達、業績の向上、意思決定能力の向上、直感の向上、願望成就の増大、セルフコントロール力の向上

まさに瞑想は、健康、人間関係、仕事、自己実現など人生のあらゆる分野において効果があると言えるでしょう。

サラリーマン、経営者、アスリート、教育者、アーティスト、主婦、子ども、高齢者、老若男女すべての人にとって大きなメリットがあるのが瞑想の魅力です。

瞑想で医者いらず?瞑想の15の驚くべき健康効果

今、日本の医療費は右肩上がりで、年々病気が増えていっています。あなたの周りでも定期的に病院に通っている人、いつも薬を飲んでいる人が、一人くらいはいるのではないでしょうか。中でも、特に精神科に関しては大きな問題を抱えています。うつ病の増大、そしてそれに伴う抗鬱剤の処方が大きな問題となっています。

今の医療はその場しのぎの対処療法ばかりで、抗鬱剤も根本的に問題が改善されないばかりか、副作用ばかりで精神も身体も壊してしまいます。

一時的には改善されたように見えますが、それは症状を抑え込んだだけで、結局問題は何も改善されていません。また、日本ではうつ病による自殺が非常に多いのが現状です。物質的にもこれだけ豊かな国にもかかわらず、なぜこれだけ自殺率が高いかと言うと、日本が平和すぎるからです。

物があふれ、人があふれ、情報があふれ、今の日本はある意味で豊かになりすぎてしまい、生きる意味や目的を持ちづらくなっているのです。

人には、もともと生存欲求があります。命が脅かされると防衛反応が働くように、人間は危機にあるとより強く生きようするように創られています。例えば、もし戦争中なら生きることで精いっぱいのはずです。

ですが、今の日本は生きようと思わなくても生きていけます。何もしなくとも、仕事をしなくとも、普通に生きていけてしまいます。

だから結果的に、夢がない、希望がない、やりたいことがない、人と会いたくない、となってしまい、心に枯渇感が生まれてしまうのです。

そうなると、「私は何のために生きているのかな」と生きる理由がわからなくなってしまいます。そうやって多くの人がうつ病や精神病になり、自殺に走ってしまうわけです。

医者もびっくり。瞑想の健康効果

もし精神科をはじめとした病院に「患者を何とかしたい」という気持ちがあるのであれば、絶対に「瞑想」と「食事療法」を取り入れるべきでしょう。これは逆を言えば、もしあなたが「病気にならない心身を手に入れたい」「病気やケガを早く治したい」と思うのであれば、「瞑想」と「食事療法」を取り入れるべき、ということです。

いま様々な病気にかかってしまい、毎日のように病院に通う高齢者がたくさんいますが、今の病院はただ薬を出すだけです。

診察して、少しコミュニケーションを取って、決まりきった薬を出すのが今の病院です。

おじいさんおばあさんはなぜ朝病院に並ぶかというと、「病院に行って、先生とコミュニケーション取って、薬をもらう」ということが安心で、生活のサイクルになってしまっているからです。

これは非常に危険な状況です。

日本はこれから高齢者大国になっていきます。
だからこそ、瞑想を早めに取り入れる必要があります。

お年寄りも瞑想を実践するようになれば、みるみるうちに健康になるでしょう。
実験によって証明されている瞑想の健康の効果には以下のようなものがあります。

  • アンチエイジング効果
  • 免疫力の向上
  • 治癒能力の向上
  • 血糖値の安定
  • 血圧の低下
  • コレステロールの低下
  • 病気発生率の低下(心疾患、消化器系疾患、鼻・喉・肺の疾患、生殖器系・泌尿器系疾患など16の主要な疾患)
  • 心理的ストレスの解消
  • 疲労解消効果
  • 深い休息効果
  • 睡眠時間の短縮
  • 不眠症の改善
  • 寿命の延長
  • 喫煙の抑制
  • 飲酒の抑制

こうして、既に様々な疾患に対して瞑想が効果的な結果を示したことが報告されています。
医者が行う手術や薬は具体的なアプローチです。

しかし、そういった具体的な外的要因では根本的な原因は改善されません。

本当に病気を治そうと思うのならば、抽象的な内的アプローチを入れるべきでしょう。
その抽象的な内的アプローチというのが、まさに瞑想なのです。

病院に瞑想を導入するとどうなるか?

本当は病院で瞑想の指導ができれば理想的です。病院内に瞑想ルームを設け、病院専属の瞑想の指導者がいて、そこで患者に指導をしていきます。

病院内で瞑想が習慣化されれば、病気の治りは圧倒的に早くなるでしょう。

海外の病院の中には、既に食事療法と瞑想を組み合わせて取り入れている病院もあります。瞑想の良いところは何にも依存しないところです。方法さえ覚えれば、患者さんが自分だけでできます。あとは、指導者がたまに見てテクニックの修正を行えばいいだけです。

もし、日本全国で瞑想が流行ったら、驚くべき結果が次々と報告されるでしょう。おそらくボケもなくなるはずです。

しかも、これだけの効果があるにもかかわらず、一度覚えてしまえば無料です。

また、人間は血液が源ですから、体の源は食事です。
食事が悪いと、内面まで変わっていってしまいます。

ですから、内面を変えていくのにも食事療法が重要になってきます。
食事療法は瞑想とセットで取り入れるとさらに効果的です。

食事で外側から内側を変えていき、瞑想で内側から外側を変えていくことで、両輪で健康を実現することができます。

内から外を変えていくパターンと、外から内を変えていくパターンの両輪が重要です。

瞑想と食事療法は、精神科だけでなく医療全般に対して効果的です。
導入すれば間違いなく大きな成果を得られるでしょう。

まとめ

しかし、こういった効果は瞑想の副次的効果に過ぎません。 実は、瞑想には本来の目的である、さらに大きな効果が存在します。

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Comment on Facebook