瞑想の学校

瞑想の学校

暮らし・ライフスタイル

「環境」をコントロールして、徹底的にエネルギーを高める方法

「環境」をコントロールして、徹底的にエネルギーを高める方法

私たちが普段活用することができていない力「全潜在力」を発揮するためには、「純粋意識」の活用が必要不可欠です。純粋意識とは、顕在意識、潜在意識のさらに奥深くにある無限のエネルギーを生み出す場所のことです。

(純粋意識について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください)

瞑想は純粋意識を活用するにあたって最も効果的な方法の一つですが、純粋意識をより活用していくためには日常生活の習慣が鍵を握っています。

そこで全7回にわたって、「食事」「睡眠」「環境」「人間関係」「仕事」「情報」「瞑想」の7つのテーマで、純粋意識をより活用していく方法を見ていきます。

本記事では3つ目のテーマ「環境」について扱っていきます。

人は環境によって変わる生き物

「人生を変えるために最も重要なのは『食事』と『環境』だ」

と言われるほど、私たちの人生と環境は密接な関係にあります。もし、今住んでいる環境が良くないのであれば、引っ越すことも重要です。それほど、環境が人に与える影響は大きいのです。環境が変われば気の流れが変わり、発想や自分のエネルギーも大きく変わっていきます。

そのため、運がいい人や活躍している人が住んでいる環境とそうでない人の環境は大きく異なります。

例えば、隣近所がうるさくて休めなかったり、自然と触れることのない窮屈な場所で暮らして、うまく疲れが取れなかったりストレスが溜まってしまったことはないでしょうか?環境が悪いと、内面はどんどん疲弊していってしまいます。

環境が悪いと、体が休まらない、リラックスできない、発想が乏しくなる、エネルギーが湧いてこないなど様々なマイナスがあるだけでなく、純粋意識の活用も阻害されてしまいます。

こんな環境は避けるべき!

環境で最も重要なのは、エネルギーです。うまくいく人にはうまくいくエネルギーがあり、うまくいかない人にはうまくいかないエネルギーがあります。

誰かの噂話や愚痴ばかり言う人はうまくいかないエネルギーを放っていますし、いつも生産性を上げる人、クリエイティブな人はうまくいくエネルギーを持っています。言葉も思想も行動も全てエネルギーです。人が一緒にいる人の影響を強く受けるように、環境から受ける影響は非常に大きいと言えます。

これはあくまで一例ですが、大勢の人が住む公営団地などはあまりお勧めできません。

団地は基本的には所得が低い人が多く住む傾向にありますが、所得が低いことによって悪いエネルギーを生み出している可能性が大いにあるからです。これは団地が悪いわけでも、収入所得が低いことが悪いわけでもありません。

ただ、エネルギーが良くない可能性があるので、人生を変えたい、より良くしたい、飛躍させたいと思うのであれば避けたほうが無難だという意味です。

また、周囲が騒がしい場所やうるさい環境も避けるべきです。

自分の家族の音だけなら問題ありませんが、それ以外の雑音が多いところでは静かに落ち着いたりリラックスすることができません。心身を休めることができなければ、新たなエネルギーも湧いてきません。そういった場所では意識が乱雑になってしまい、純粋意識の活用が阻害されてしまいます。

あとは、「なんとなくここは良くない気がする」と感じるような場所も避けましょう。直感が何か悪いエネルギーを感じ取っているのかもしれません。

理想的な環境とは?

もしあなたが「人生を変えたい」「飛躍したい」「意識を高めたい」と思うのであれば、少し環境にお金をかけるなどして、エネルギーが高い場所に引っ越すことが重要です。

それは豪華な家に住むとか高級住宅に住めばいいというわけではありません。環境は、朝起きたときに窓や玄関を開けて何を感じるかが重要です。例えば、あたり一面ビルに囲まれて玄関を開けても窮屈に感じたり、窓を開けても空気が臭かったり、家の周囲が汚れていたりしていては良いエネルギーは得られません。

何か気分が悪くなったり、ため息をつくような状態であれば、そこは良い環境とは言えないでしょう。何かしらエネルギーを下げるマイナスの要因があるはずです。

どういった環境が理想的かと言うと、緑や自然と調和しているところや人の温かさを感じられるようなところなど、気の流れが良いところが理想的です。

清潔で、明るくて、活気がある場所です。

最近、都内では浅草に引っ越す人が増えていますが、これがまさにそうで浅草の江戸っ子文化特有の活気や人の温かさが人を呼んでいます。こういった肯定的なエネルギーにあふれる環境からは、良い影響を得られます。

その環境を判断する指標として、

「朝、窓や玄関を開けてどう感じるか?」

は非常に重要な要素です。気持ちよく、自分がエネルギーをもらえると感じる環境に身を置くことが重要です。

簡単に環境のエネルギーを上げる方法

また、掃除や整理整頓も重要です。なぜなら、大半の人は整理整頓や掃除ができないことによって、エネルギーが下がってしまうからです。稀に、整理整頓ができなくともマイナスの影響を受けない人もいますが、ごく少数です。

不衛生な環境や散らかった環境だと気持ちよくなかったり、ついイライラしてしまいませんか?もしあなたが今の環境が気持ちよくないと感じているのであれば、掃除や整理整頓は大事な要素になります。

要するに、環境で大事なのは自分の「エネルギーを下げる要因」を徹底的に取り除くことです。

環境が悪いと純粋意識の活用は阻害されてしまいます。逆を言えば、環境がよければより一層純粋意識は活用されやすくなっていきます。

純粋意識を活用し、全潜在力を発揮していくためには、環境の力を最大限に活用するべきです。

理想を言えば、自分のステージに合わせて人生の中で数回引っ越しをして、より良い環境を選んでいくのが理想的でしょう。

こうして自分が身を置く環境にも気を払うようになると、次第に

「この環境は良くないな」
「この環境は良いな」
「この環境はもう引っ越すべきだな」

といったことが感覚的にわかるようになってきます。そうなると、自然と気が悪い場所やエネルギーが悪い環境には近づかなくなっていきます。ぜひ、「環境を選ぶ」という視点を取り入れ、環境の力を活用してみてください。

次回は、「人間関係」について取り上げていきます。

 

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Comment on Facebook